5日に行われた
『世界卓球2018スウェーデン』
大会7日目、

女子決勝団体トーナメントで
日本が中国に敗れ、
銀メダルを獲得した。

日本女子は1971年の
名古屋大会以来47年ぶりの
金メダルをめざしたが、
夢はかなわなかった。



中国戦の第1試合で勝利した伊藤美誠(ロイター)

第一試合、
劉詩ブンと対戦した
伊藤美誠(世界ランク7位、スターツSC)は、
迎えた最終5ゲームで
マッチポイントを握られたものの逆転し、
3-2で勝利。

続く第二試合、
平野美宇(世界ランク6位、日本生命)は
現世界チャンピオン・丁寧に
食い下がったものの、0-3で敗退。

三番手はキャプテン・石川佳純.
第三試合では
最後までペースをつかめず、
中国の次期エースと目される
朱雨玲に0-3のストレート負け。

第四試合は平野が再び登場し、
劉詩ブンと対戦。
だが第1、第2と連取され、
あとがなくなるも、
第3ゲームでは常にリード。
だが徐々に追い詰められ、
10-12で惜敗。

日本の銀メダルが確定した。
《小磯秀夫》

馬之助の感想

伊藤美誠が第一試合を取ったとき
これはイケルかも!と思ったけど
やっぱり中国、強かったわ・・・

伊藤美誠の試合も
終始押され気味のように見えて
マッチポイントを取られた時
もう怖くて見れなかったわよ。
でもよく頑張ったわ!
追い詰められたからの強い精神力。
高校生とは思えない強さだわ。

今回の準決勝、北と韓国が突然
大会中に統一チームをつくってしまい
これは何なの?って思ったわ。

試合に出る順番とか
すべて計算したうえで
構成しているのに
統一コリアとなると
すべてエースは出てくることに
なるじゃないのさ!

石川佳純が準決勝で対戦したは
リオ五輪シングル銅メダルの
キム・ソンイよ。
リオでは石川佳純は
負けているのよ。

それに対し苦しみながらも
ストレートで勝利したあと、
彼女のインタビューの時の涙、
感動的だったわ。

石川佳純統一コリアに勝った

その石川佳純ですら
歯が立たなかったのが中国よ。

平野美宇も相当強い選手なのに
全く試合をさせてもらえなかった印象。

でも東京五輪まで2年あるわ。
必ず中国に勝って金メダル、
中央に日の丸を掲げてちょうだい!

今回これほど
日本女子が強かったのは
ここだけのはなし・・・
福原愛がいなかったから・・よ。
オリンピック団体戦でも
福原愛だけがまけて足を引っ張り
石川佳純がそれをカバーするって
感じだったから。

福原愛に憧れて
卓球を始めた世代が
もうすっかり福原愛を追い越し
世界一に近づいたわね。

男子ももうあと一歩ね。
韓国、強かったわ。
圧倒的だったわ。
水谷隼選手はもちろんのこと、
張本智一選手も
相手に研究されつくされているから
これからが厳しい勝負よ。
でも2年後、日の丸を真ん中に
あげてちょうだい!
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク