現地時間8日、
米ロサンゼルスで行われた
第74回ゴールデン・グローブ賞授賞式のレッドカーペットに、
女優のローラ・カークが脇毛を生やしたまま現れ、
話題になっている。

 

ローラ・カークとはどんな女優?

ローラ・カーク(Lola Kirke 1990年9月27日 – )は、

ノア・バームバックの『Mistress America』や

アマゾン・スタジオのテレビシリーズ

『Mozart in the Jungle』で知られる

英国出身の米国の女優。

また、デヴィッド・フィンチャーの

『ゴーン・ガール』での助演の役でも知られている。

『ゴーン・ガール』とはどんな映画?


ゴーン・ガール【初回生産限定】 [ ベン・アフレック ]

ベン・アフレック主演、

2012年発表のギリアン・フリンによる

同名小説を基にしたアメリカ合衆国のミステリー/スリラー映画


ゴーン・ガール 上【電子書籍】[ ギリアン・フリン ]

ローラ・カークはフェミニスト、わき毛は活動の一環?

脇からフサフサと毛がはみ出したまま・・・・

ちょっとの剃り残しなんてレベルではなく、

長いこと伸ばしっぱなしで、

ゴールデン・グローブ賞授賞式に現れ

批判が殺到いるらしい~

本人から未処理だった

ワキについての 詳細は明かされないまま~

馬之助の感想

こんな女優、全く知らなかったわよ。

彼女のInstagramのコメント欄には

「剃らなくてもあなたはゴージャス。自由でいるべきよ」

という称賛の声があり、

女性の在り方を問うニュースとなった・・・

というけど、

これはエチケットの問題よ。

それほど売れていない女優は、

手段をいとわず、有名になりたいのよね。
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ