フェデラーが負けた

テニスのウィンブルドン
(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は11日、
男子シングルス準々決勝が行われ、
2連覇と9度目の優勝を狙っていた
第1シードのR・フェデラー(スイス)は
第8シードのK・アンダーソン(南アフリカ)に
6-2, 7-6 (7-5), 5-7, 4-6, 11-13
の大逆転で敗れ、
5年連続のベスト4進出とは
ならなかった。
tennis365.netより


フェデラーはマッチポイントを握るも、
アンダーソンに試合を通して
28本ものサービスエースを決められ、
4時間14分でまさかの大逆転負けを喫した。

試合後の会見で
フェデラーに笑顔はなかった。

「最高の日ではなかっただけ。
勝利を掴もうと
努力しなければいけない普通の日だった。
今日はそれができなかっただけ。
だから落胆している。

セットカウント2-1とリードしていた。
何も悪くはなった。
あの時点では
負けるなど考えてはいなかった。
チャンスがあったと思うから落ち込んでいる。
彼(アンダーソン)は安定していた。
必要な時に、
やらなければいけないことができていた。
長い時間頑張り続けた彼が勝者に値する

ウィンブルドンで戦う
モチベーションについては

「敗者になりたくないと
思うからかもしれない。
ここに座って負けたとこについて
説明したくないから、
モチベーションはとても高くなる。
テニス選手として最悪の気分だから」

とコメントした。

「この大会にいることが
大好きだと感じている。
家族といても、いい時間を過ごせる。
最高の思い出がある。
自分の憧れの選手は皆、ここで優勝している。
毎回ここへ戻って来ると、
そんな選手のようになろうとしている。
だから、ここにいるのは最高。
チャンスがあったけど、それを逃してしまった。
それが本当に問題だった」

一方、勝利したアンダーソンは、
準決勝で第9シードのJ・イズナー(アメリカ)と対戦する。
イズナーは準々決勝で
第13シードのM・ラオニッチ(カナダ)を
下しての勝ち上がり。

同日の準々決勝では
第2シードのR・ナダル(スペイン)が
第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を
7-5, 6-7 (7-9), 4-6, 6-4, 6-4、

第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が
第24シードの錦織圭を
6-3, 3-6, 6-2, 6-2で破って
ベスト4へ進出している。

馬之助の感想

★長い時間頑張り続けた彼が勝者に値する

じゃあ、ナダルが優勝するわね。
デル=ポトロってすごく粘っこく強いわよ。
ナダルでさえも
スフセットで手こずったんだわ。

あたしは
ナダルもフェデラーもジョコビッチも
大嫌い。
錦織くんに立ちはだからるから。

今は
準々決勝で錦織くんに勝った
ジョコビッチが一番嫌い。

雄たけびを上げるジョコビッチ

ジョコが芝で滑ってころんでも
可哀そうに思わないわよ!
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ
楽天リンク