日本のカヌー選手の鈴木康大選手(32)が
昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権で、
ライバル小松正治選手の飲み物に禁止薬物を入れて
試合出場資格停止に追い込んでいたという事件、
驚いたわ。



昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権で、
鈴木康大選手(32)が

鈴木康大(やすひろ)選手(32)

若手の小松正治選手

小松正治選手(25)

の飲み物に筋力増強剤を混入し、
小松選手は陽性反応が出たため
優勝は取り消し、
暫定的資格停止処分に
なっていたんですって。

鈴木康大は小松選手のペットボトルに
あらかじめ粉砕して持ってきた
筋肉増強剤を入れたそうよ。

普通は自分がのんで
筋肉もりもりにして
勝とうとするんだけど

ライバル選手に飲ませて
追い落とそうとするって
最低の奴ね。恐ろしいことだわ。

ライバルと言えないほど
若手のほうが
ぶっちぎりに強かったから
ズルして鈴木がオリンピックに出ても
最下位だったでしょうね。

鈴木は良心の呵責に耐えられなくなり、
禁止薬物を混入したことを自ら認め、
被害選手に謝罪したということよ。

そして
他の選手の練習用具を盗み、
破壊してたことも
認めたらしいわ。

やっぱり最低だわ。

ドーピング疑惑を持たれた
選手の名誉は回復して
きっとオリンピックに出るでしょうけど
もし、繰り返し、筋肉増強剤を飲まされて
筋肉がもりもりになっていたら
カヌー協会としても
困っただろうけど、1回だけだから
そんなことはなかったみたい~

鈴木と小松選手は先輩後輩関係で
薬物疑惑を持たれた時
小松選手は自分の飲み物に
薬物を入れた鈴木に
相談してたというから
・・・
相談された鈴木はなんて、
答えたのかしらね・・・

オリンピックに出たいばかりに
追い込まれていたとか
擁護する人もいるけど

他人の飲みものに
薬物を混入させたり

練習道具を盗んだり
破壊することは、
普通は出来ないことよ。

良心の呵責にたえられず、
自ら白状したことが
唯一の救いね。

メダリストなんて
高望みするのではなく
盗まない普通の人間になるよう
努力してほしいものだわ。
凡才!馬之助どうぶつ園
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ