歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻で、

乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、

小林麻央(34)が9日、

日本テレビ系特番

「市川海老蔵に、ござりまする。」(後10・0)にVTR出演した。

 

真央の現在の心境と闘病の支えとなっている夫への思いを告白

麻央は時折、涙を浮かべながら、

「闘病してから1年以上が過ぎたときに、

『これ以上、迷惑をかけられない』といったら、

主人が『1年が何だよ。ずっと支え合うんだよ』といってくれて、

その言葉はすごくうれしかった。

試練というものを乗り越えられた時に、

病気をする前よりもちょっといいパートナーになれるんじゃないかな。

『役者、市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを神様、ください』

といつも思う。

病気になってからは主人と結婚したからこそ、

いま私、こうやって生きてられると思う。そうじゃなかったら、

心が死んじゃっていたかもしれない」などと話した。

サンスポより引用

「夏は絶対無理だと思った」「治らないレベルの病気」とTVで告白 BY海老蔵

「今だから言える」と切り出し、

妻でフリーアナウンサーの小林麻央(34)が

昨夏までもたない、と思っていたことが

昨年10月時点のインタビューで明かされた。

海老蔵

海老蔵は昨年6月の会見で

「深刻」と発表した麻央の病状について、

昨年10月のインタビュー時点で

「絶対に治らないレベルの病気だったんです。

本当に。言っちゃえば。本当に。

まさか手術ができると思わなかった」と告白。

「早かったら3、4、5月で、多分、ダメだった。

今年の夏は絶対無理だと思った。

今10月でしょ、もうすでにこの時点ですごいことが起こってる」

と“奇跡”が起こっていることを真剣な表情で伝えた。

麻央は昨年9月下旬、根治手術ではなく、

QOL(生活の質)向上のための手術を受け、

左胸のがんを摘出した。

馬之助の感想

あたしはテレビを見ていないから

何とも言えないのよ。

でも、気力で寿命は延びるから

明るいほうへ明るいほうへ、気持ちを向けて

従来の抗がん剤でがんばって、

そうしているうちに、

小林麻央の癌に

ぴったりの薬が開発される可能性は

今の時代、ゼロじゃなくなってるからね~

末期がんでもよく効く薬ができたおかげで、

がんが縮小して共存共栄している人は

多くなってきてるみたいだからね。

ただ理解できないのは

マスコミにリークされ、追いかけられるから、

海老蔵が記者会見したのは仕方ないけど

小林麻央までブログを開設して

夫婦そろって闘病を全面に出すってことは

なかなかできることじゃないわ。

ブログが生きがいになっているだろうし、

子供たちにのこしたい気持ち、

わかるけど・・・・

日本中の人に見守られながら闘病するって

あたしだったら、ご免だわ。

同じ病気の人の励みにはなってるかも?

だけど・・・・・

1日生きたら、薬ができる日が1日近づくわけだから、

夫婦そろって頑張ってちょうだいよ~


明るいほうへ明るいほうへ -童謡詩人 金子みすゞ- [Blu-ray] / TVドラマ
にほんブログ村 芸能一般情報
人気ブログランキングへ